読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空のいろ

本、映画、TVドラマの感想や、日々思ったことなどを書いてます

「そして誰もいなくなった」短いけれど感想を

2017.03.27.
深冬です。

二夜連続ドラマ「そして誰もいなくなった」を見ました。

最初から10人亡くなっているというナレーションから始まったので、「戯曲」の男女二人が生き残る方ではないとわかりました。


10人がどんなふうに亡くなっていくかは、今年初めに見たNHK BS3のイギリスドラマ版の記憶が新しいので、それに比べると、パニックは起こらず、淡々とストーリーが進んでいるなぁと思って見ていました。
今まで見たどのドラマや映画より、捜査シーンが多くて、10人が殺されていくことより、そちらの方が気になりました。
原作を読んでいないせいでしょうか。


警察による解明編、「相国寺警部」と「多々良警部補」のやりとりには面白みがありましたが、物語を慎重に語っているという印象は変わりません。


最後の「殺人に芸術はない」という相国寺警部のひと言。
すべてそのための演出のだったかな、というのが私のささやか過ぎる感想です。




渡瀬恒彦さんのご冥福をお祈りいたします。